2月 の俳優座劇場の劇場プロデュース公演掲載中【株式会社俳優座劇場 東京都港区六本木】

俳優座劇場プロデュースNo.109
2020年2月7日(金)~15日(土)

『彼らもまた、わが息子』

  • 『彼らもまた、わが息子』
ジョー・ケラーとケイト夫婦には二人の息子がいた。空軍パイロットだった次男ラリーは終戦後も行方が分からないまま3年がたつ。長男クリスはラリーの恋人だったアンとの結婚を決めるが、ラリーの死を受け入れられない母ケイトは素直に祝福することができない。
一方、アンの父親は戦時中、空軍に戦闘機の部品を納入していたジョーの工場で働いていたが、不良品を出荷して21機の戦闘機が墜落する事故を引き起こした罪で服役中である。
そして突然、初めて父親と面会したアンの兄ジョージがケラー家を訪れると連絡が入り、のどかな空気は一変する……。

20世紀を代表する劇作家アーサー・ミラーのAll My Sonsは1947年に初演され、第1回トニー賞を受賞。ミラーが注目された最初の戯曲で、日本でも『みんな我が子』として上演されてきました。大戦期を生き抜いた家族が必死で手にしたアメリカン・ドリームとその破綻を、冷酷なまでに緻密に描いたサスペンス・ドラマ。俳優座劇場が新翻訳、新鋭の演出家、多彩なキャスト・スタッフとともに『彼らもまた、わが息子』として現代に蘇らせます。ぜひご期待ください!
アーサー・ミラー
翻訳水谷八也
演出桐山知也
出演吉見一豊/山本郁子/竪山隼太
佐藤 玲/逢笠恵祐/斉藤 淳
上原奈美/森永友基/多賀麻美
日程
前売開始2019年12月21日(土)11:00より
チケット全席指定
一般 5800円
ペアチケット(一般2枚) 11000円
グリーンチケット(学生) 2900円
ハーフチケット(2月7日) 2900円

★=ハーフチケットデー より多くの方に御覧いただくために、一般料金の半額にしています。

◆8日(土)、9日(日)14:00の回 終演後、アフタートークを行います。詳細は後日お知らせ致します。
お問合せ俳優座劇場 03-3470-2880
Twitter @haiyuzagekijou
俳優座劇場プロデュースNo.109
『彼らもまた、わが息子』

事前講座
「アーサー・ミラーと2020年日本」
2020年1月7日(火)

  • 事前講座
「アーサー・ミラーと2020年日本」
2020年1月7日(火)
なぜ今、あらたに世界中で注目を集めるのか?

2019年~20年にかけて
世界中でアーサー・ミラー作品が上演されています。
なぜ今あらたに注目を集めるのか。

新翻訳に挑んだ翻訳家 水谷八也氏と
演出家 桐山知也氏による
事前講座を開催いたします。
2020年 1月7日(火)19:00 より

俳優座劇場

入場無料(全席自由)予約申込は必要です。

こちらの専用フォーム
または
電話 03-3470-2880
までお申し込み下さい。