劇場使用料金のご案内

劇場使用時間については事前に必ずお打ち合わせください。
当劇場へお支払い頂く劇場使用料は以下のようになります。
劇場使用料 + オプション料(有料器材の使用料、劇場備品使用料など)

劇場使用料について
本番1回公演 194,400円 (税込)
本番2回公演 280,800円 (税込)
一日使用 (仕込・舞台稽古・本番等) 334,800円 (税込)
上記が1日の劇場使用料金です。
  • 照明設備、音響設備それぞれのセット使用料金及び管理人件費が含まれます。
  • 劇場、照明、音響におけるオプションの備品、器材の料金は含みません。
下記の特別割引があります。なお時間超過料金に適応しません。
  • 仕込・リハーサルのとき、使用料の10%割引 (午前使用料を除く)
  • 6日以上劇場使用のとき、公演使用料の10%割引
劇場使用時間
昼・マチネ使用区分 夜・ソワレ使用区分
12:00〜16:30 17:00〜21:30
  • 時間超過の場合は事前にお打ち合わせください。お打ち合わせのない場合、使用をお断りいたします。
午前中使用のとき
9:00前の入館、使用は認めません。
9:00〜11:00の使用料金は、54,000円(税込)です。
昼区分のみ使用のとき
本番での使用で、終演が17:30を超えた場合、夜・ソワレ区分使用料がかかります。
終演後30分以内に退館願います。
夜区分使用のとき
仕込・舞台稽古で使用のときは、21:30までに退館願います。
本番での使用のときは21:30までに終演し、終演後30分以内に退館願います。
本番での使用で、終演が21:30を超える場合、超過料金がかかります。
夜区分以降の超過料金
30分まで 21,600円(税込) / 60分まで 54,000円(税込)

いかなる場合も60分以上の延長、及び22:30以降の使用は認めません。
使用時間 9:00〜11:00 12:00〜16:30 17:00〜21:30 21:30〜22:00〜22:30
使用料金
(税込)
54,000円 194,400円 194,400円 21,600円 ---
280,800円 54,000円
予約金について
劇場使用日数が 1〜5日のとき 20万円以上
劇場使用日数が 6日以上のとき 40万円以上
  • 劇場規定の申込用紙に必要事項をご記入の上、上記の予約金と共にお申し込みください。
  • 使用期間の決定から7日以内にお手続きください。
  • お手続きを頂けない場合、劇場より決定を取り消させて頂く場合があります。
キャンセル料について
劇場使用日の9ヶ月以前のお申し出 劇場使用申込期間の劇場使用料の半額
劇場使用日の9ヶ月以内のお申し出 劇場使用申込期間の劇場使用料の全額
  • 契約後のキャンセルは原則としてできません。
  • やむを得ぬ事情によりキャンセルされる場合、キャンセル料を頂きます。

ページの先頭に戻る

劇場使用上のお願い

申し込みについて
  • 劇場創立の目的に添い、下記の劇場使用規定を遵守できる催し物に限りお貸しいたします。
  • 使用をご希望の方は、お電話にてご希望の期間が使用可能か、お問い合わせください。
  • 使用希望期間が翌々年度以降の場合はご相談ください。
  • 使用年月日が内定したのち、所定の申込書に必要事項をご記入の上、予約金を添えてお申し込みください。予約金の受領にて契約が成立いたします。
  • 予約金については下記をご参照ください。
  • 使用期間の決定から7日以内にお手続きください。お手続きを頂けない場合、劇場より内定を取り消させて頂く場合があります。
  • 契約後、使用者の都合で解約される場合は、予約金はお返しいたしません。
  • キャンセルについては下記をご参照ください。
  • 劇場使用権の転貸または譲渡は認めません。
劇場使用規定
1 催し物の内容によっては、劇場のご使用をお断りする場合もございます。
また、確定後、あるいはご使用中でも、下記のような場合にはご使用を中止させて頂きます。
この場合、そのための損害補償はいたしません。
  • 劇場の使用規定に違反した場合。または使用方法について危険とみなしたとき。
  • 申込書にある使用目的・内容などに変更のあった場合。
  • お申し込みの催し物の開催によって、劇場および附属の場所が混乱し、また諸般の危険が予想されるとみなしたとき。
  • 関係諸官公庁より中止命令の出たとき。
  • 不測の事故、災害のため、使用が不可能になったとき。
  • 劇場の備品故障などによって、劇場が使用不能となった場合は、劇場使用料を上限として、劇場側で賠償いたします。ただし使用者側の操作・取り扱い上のミスによる場合は除きます。
2 千秋楽までに、劇場使用料をお支払いください。
3 使用の3ヶ月前に制作担当者に来場頂き、劇場使用等についての打ち合わせをしてください。
使用上の準備、舞台諸設備使用についての細部打ち合わせは、使用の10日前までにお願いいたします。
4 劇場備品・器物の破損、紛失された場合は弁償して頂きます。
5 劇場使用時間(9時から21時30分まで)の変更は原則として認めません。
6 入場定員は厳守して頂きます。
また、来場者が開演前または開演中に多数集まった場合は、主催者の責任で整理にあたって頂きます。
整理不十分により生じた事故は当劇場では責任を負いません。
7 劇場管理者の承認のない掲示、物品の販売・配布、宣伝、写真撮影、録画、録音、寄付の募集などは固くお断りいたします。
8 劇場使用中の人的・物的事故については全て主催者の責任とし、劇場は一切賠償いたしません。
9 劇場備品以外の諸器物を搬入・使用および特殊な設備をほどこす場合は、あらかじめ劇場管理者の了解を必要とします。
10 火災、その他の災害の場合における処置について、あらかじめ充分留意されるようお願いいたします。楽屋における火気には特にご注意ください。また危険物の持ち込みや使用は固くお断りいたします。
11 消防法による手続き、特に舞台上の裸火使用のための禁止行為解除届などは、早めに処理してください。(麻布消防署 03-3470-0119)
12 その他劇場使用に関しては劇場管理者と協議の上、その指示に従って頂きます。
13 ご使用されていない(劇場使用料を頂戴していない)時間を、ご確認の上、他の催物に貸し出しすることがあります。

ページの先頭に戻る

劇場使用規定の補則とお願い

  • 劇場使用時間については必ず事前にお打ち合わせください。
  • 朝区分、昼区分使用後のばらし搬出は2時間以内は無料ですが、それ以上時間がかかる場合、管理人件費が発生することがあります。事前にお打ち合わせください。
  • 夜区分使用後、ばらし搬出がある場合、20時までに終演してください。21時30分までに退館できなくなります。
  • 催物(仕込、舞台稽古、公演)以外の使用については必ず事前にお申し出ください。内容によって使用できないことがあります。(初日以降の舞台稽古、楽屋での打ち合わせ、ビデオ撮影、ロビーでの取材、撮影など)
  • 小さいお子様やお年寄りの方、からだの不自由な方がいらっしゃる催し物のときは、主催者がご配慮くださるようお願いいたします。
  • 楽屋への面会はご遠慮ください。楽屋への面会の際の出演者・お客様の事故や怪我、道具のトラブルなどについて劇場は一切責任を負いません。
  • 事務所入口のスペースは非常口につき駐車禁止です。ただし仕込、舞台稽古のときの荷物の搬入搬出については1台だけは認めます。事前にお申し出ください。駐車の際、必ず車のキーを劇場事務所に預けてください。
  • 原則としてゴミはお持ち帰りください。劇場側に処分を依頼されると有料となります。常設の可燃ゴミ、不燃ゴミ用ゴミ容器それぞれの一杯分は劇場にて処分いたします。臭気、不衛生の原因となりますので、生ゴミはビニール袋で二重に包み、密閉してください。お弁当は特にご注意ください。
  • 劇場ロビーは禁煙です。

ページの先頭に戻る