7月 の俳優座劇場の劇場スケジュール掲載中【株式会社俳優座劇場 東京都港区六本木】

俳優座劇場プロデュースNo.104
2018年7月5日(木)~7日(土)

『もし、終電に乗り遅れたら…』

  • 『もし、終電に乗り遅れたら…』
凍えそうな春の夜。ブスイギンとシーリワは都会の酒場で出会った娘たちと飲み明かそうと、郊外の町までやっては来たが、あっさり振られてしまう。最終電車はすでに出てしまい、なんとか泊めてもらおうと近くの家を片っ端からノックするが、けんもほろろに断られる二人。やっと入りかけた家でも青年に強盗とうたがわれ、シーリワはとっさに口走る、
「この男は君の兄貴なんだ!」
飛び入ったサラファーノフ家は、姉も弟も父親をひとり残して家を出ようと崩壊寸前。そして父にも秘密が…。その場しのぎの二人の言葉を真に受けて、事態はあらぬ方向へと走り出す!!

2013年の初演より再演を重ねた本作品がついに最終公演!『終電』に乗り遅れのないように。
アレクサンドル・ヴァムピーロフ
翻訳宮澤俊一 / 五月女道子
演出菊池 准
出演[配役順]浅野雅博 / 小田伸泰 / 外山誠二 / 逢笠恵祐
岩崎正寛 / 若井なおみ / 藤本喜久子
舘田悠悠 / 槙乃萌美 / 里村孝雄
日程
チケット料金一般5800円
ペアチケット(一般2枚)11000円
グリーンチケット(学生)2900円(俳優座劇場のみ扱い)
お問合せ俳優座劇場 03-3470-2880
劇団俳小 特別プロジェクト公演
7月15日(日)~22日(日)

『女人嵯峨』

  • 『女人嵯峨』
草創期の京都(平安京) 激動の時代に生きた人々の 愛と葛藤の諸相 藤原薬子、檀林皇后の嘉智子、正子内親王を軸に 三筆と呼称された 嵯峨天皇、空海、橘逸成の三人との縁 その後の日本を決定づけた物語の幕が開く
堀江安夫
演出安川修一
出演中野誠也 / 南保大樹 / 斎藤 真
岩瀬 晃 / 南 一恵 / 斉藤深雪 / 米倉紀之子
島 英臣 / 田中茂弘 / 千賀功嗣 / 館野元彦
井上 太 / 西本さおり / 小池のぞみ / 磯部莉菜子
日程
チケット料金一般6000円 学生3000円
※学生券は枚数制限あり

★=アフタートークあり
お問合せ劇団俳小 03-3987-1787
公式HP
1階PUB(HUB)でごゆっくりどうぞ!
チケット半券の提示で30%OFF!!(17:00以降は10%OFF)
HUB六本木店 03-3478-0414
HUB六本木店ホームページ
日程